キーボードの配置で眼からうろこ

肩の痛みが長引くのでファミリードクターの紹介で、医院に併設されているフィジオセラピークリニックに行きました。フィジオセラピーは日本では理学療法と呼ばれているそうですが、病院での診療科としてはリハビリテーション科となるようです。リハビリというと病気や怪我の後の機能回復というイメージですが、それにかぎらず身体運動機能に関わる治療を行う医療分野です。英国では診療を受けるにはかかりつけのファミリードクターからの紹介が必要なのですが、オランダでは数年前から紹介がなくても診療を受けられるようになったそうで、町のあちこちにクリニックがあり、日本の整体治療院のように気軽にかかることができます。
フィジオセラピーの治療では、関節の可動範囲を広げる手技を受けたのですが、その際に姿勢の問題を指摘されました。肩が前傾している(丸まっている)ため関節周りの筋肉に過負荷がかかり、炎症に至っているのだとのこと。脇を締め、背中の筋肉を使って肩を後方に引くようにとアドバイスされ、背筋強化ための筋トレ運動を指導されました。
また、コンピューターを使う際の姿勢をチェックされたのですが、今まで気づかなかった点を指摘され、参考になりました。肩の過負荷を防ぐためのキーポイントとして気をつけるべきなのは「脇を開かない」ことなのだそうです。つまり、上腕が体側に沿ってストンと垂直に下りている状態を維持すること。上腕から腕をサイドに開いたり前に出したりすると、それだけで肩が丸まってしまうからです。
このポイントを念頭に置いて私の作業環境をチェックしてみると、キーボードやマウスの位置が身体からちょっと離れすぎていることがわかりました(左側の図の状態)。
http://corporatewellnessadvisor.com/wp-content/uploads/office-ergonomics.jpgの借用画像を加工 ➜ http://codinghorror.typepad.com/.a/6a0120a85dcdae970b012877701227970c-piの借用画像を加工
脇が開いている状態 vs. 締まっている状態
脇を締めた状態で手が届くようキーボード(とリストレスト)をデスクの縁ぎりぎりに寄せ、マウスマットもそのすぐ隣に移動して、肘が体側に着いたままの状態で手が届くようにしてみると、確かにかなり肩が楽になるようです。これは今まで気が付かなかった点で、眼からうろこでした。肩周りの痛みや凝りに悩んでいる方は試してみる価値があるかもしれません。
なお、キーボードやマウスを体幹近くに寄せて脇を締めた姿勢にすると、結果的に肘の曲げ角度がきつくなります。肘の角度が90度を切ると今度は肘から前腕にかけての負荷が高くなるので、角度を緩めるための調整も必要になります。デスクの高さを下げる(またはデスク下にキーボードトレイを取り付ける)か椅子の高さを上げて、肘がキーボードの上面より高い位置に来るよう調節して肘の角度を確保します。椅子の高さを上げたせいで床にかかとがつかなくなった場合は、フットレストも必要になります。

Leave a Reply