スコットランド、生理用品無料提供を法制化

昨日スコットランド議会で、必要な人は誰でも無料の生理用品を入手できるようにするための法案が可決されました。

「生理の貧困(period poverty)」 という言葉があります。経済的な理由で生理用品が買えない状況のことを指し、ここ数年世界各国で注目を浴びるようになっています。2016年のカンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞したケン・ローチ監督の作品『わたしは、ダニエル・ブレイク 』を見た方は、食べるのにも困るほど困窮しているシングルマザーのケイティが生理用品を万引きする場面を覚えているでしょうか。

特に、低所得家庭の女子が生理用品を買えないため毎月学校を休まざるを得ず、勉強についていけなくなるという問題もクローズアップされるようになりました。そのためスコットランド政府では、数年前から全国の学校・大学で無料の生理用品を提供するという政策を導入していました。学校のトイレに入ると、手洗い場にナプキンやタンポンが置いてあり、自由に取ることができます。

また、生理の貧困撲滅運動が広がる中、自主的に無料の生理用品を備え付けるようになった施設や店舗も徐々に増えていました。我が家の近所でも、無料のナプキンやタンポンをトイレに備えているカフェやバーがいくつかあります。

   
(左)トイレの手洗い場に置いてあるナプキン
(右)教会ホールの男女共用トイレに置いてあったナプキンとタンポン。壁のポスターには「あなたと家族が必要なだけお取りください」と書いてあります。

しかし、その時々の政府方針や善意に依存するのではなく、「生理の貧困」撲滅を法制化する必要があるという認識から、野党労働党の女性議員が2019年4月に生理用品無料提供法案を提出しました。経済的に生理用品を買う余裕がない人でも生理用品を入手できるよう、教育機関や公共施設で無料の生理用品を提供することを地方自治体に義務付ける内容です。やっと今日最終投票に達したこの法案は、全会一致で可決されました。

学校で無料の生理用品を提供する制度は、スコットランドに続いてイングランドやアメリカの一部の州でも導入されていますが、「必要な人は誰でも」という形での法制化は世界初だそうです。

 

ダンディーにEバイクレンタルがやって来る

先月くらいから、ダンディーの町のあちこちにこんなものが出現しています。

見た感じでは、ロンドンにあるようなレンタサイクル駐輪場でしょうか。現首相ボリス・ジョンソンがロンドン市長だった頃に導入されたため「ボリスバイク」というニックネームで親しまれるようになったロンドンのレンタサイクルは、今ではダブルデッカーバスや地下鉄と同様すっかりロンドンのシンボルになった感があります。

でも、ロンドンの中心部は比較的平坦ですが、ダンディーは急坂の町。どうせならボリスバイク型のレンタサイクルではなく電動アシスト自転車のレンタルにしてくれないかなあと思っていたら…

なんと本当に電動アシスト自転車レンタルでした! ダンディーは電気自動車の充電インフラ整備に熱心な自治体ですが、今設置工事が進んでいる駐輪場は、レンタルEバイクの充電ステーションなのでした。

とはいえ、自転車が設置済みのステーションはまだないようです。ウェブサイトはできているもののまだシステムの準備中のようで、プレスリリースのリンクがあるだけ。

自転車とレンタルシステムを提供するRide Onは、スペインの会社のようです。
https://rideonglobal.com/en/services.html

とりあえず最新情報をチェックできるようメールを登録しました。オランダを離れてからすっかり自転車とはご無沙汰していますが、運用開始したらぜひ試してみたいと思っています。

アロットメント日記:こちらにも池を作った(2020年9~10月)

アロットメントの入り口の枯れ木。かつてはたくさん実のなるプラムだったのだそうですが、ある年伸びすぎた枝が折れたところから病気が入って枯れてしまったとのことでした。そのままにしてつる性の植物を絡めようかとも思ったのですが、あいにく接ぎ木の根の部分が生き残っていて、プラムではないひこばえがどんどん出てきます。それが大きく育ってしまうと困るので、業者を頼んで根こそぎ掘り抜いてもらいました。

4月のアロットメント
プラムの枯れ木
枯れ木を掘り抜いた穴

以前から、庭の池を作った時に余ったライナーでアロットメントにも池を作ろうと思っていたのですが、せっかく大きな穴ができたので、これをそのまま池にしてしまうことにしました。

ライナーを敷いて水を注入
縁が水平になるよう調整してライナーを切ったところ

庭の池の植物がずいぶん大きく育ったので、その一部を新しい池に移しました。隣のアロットメントにも小さな池があり、繁殖しすぎたという植物をいくつかいただいたのでそれも移植すると、すっかり池らしくなりました。

前の人が残していった亜鉛の風呂桶にはオモダカかクワイとおぼしき植物が生えていたのですが、これも池に移植。けっこうよく塊茎が育っているので、お正月の頃に収穫しようかと思っています。

風呂桶から移動したオモダカ(クワイ?)

池の縁取りには、掘り抜いた木の幹や枝を切った丸太を再利用。フェンス近くは足場がしっかりしていないと困るので、こちらは隣人が捨てるところだったコンクリートの敷石をもらって取っておいてあったのを利用しました。ライナーも縁取りも植物もすべて有りものを活用したので、資材コストはゼロ。隣の池には毎年カエルが産卵するという話なので、こちらにも来てくれると良いなあと楽しみにしています。

植物を入れて、余ったライナーを始末
抜いた枯れ木を切った丸太を縁取りに再利用

庭日記:アオガラの子育て(2020年5月)

5月この家に引っ越してすぐに、アオガラ用の巣箱を取り付けました。最初の2年間は、春先にちらほら覗きに来るアオガラはいたものの、結局使われず空のままでした。今年も巣作りする鳥がいないなら、場所を移さないと駄目かなあと考えていたのですが、今年はアオガラ夫婦が営巣してくれました。

巣箱はジムとして使っている部屋の窓近くに取り付けてあるのですが、春先にトレッドミルで走っている時に、例によってアオガラが巣箱を見に来ているのに気づきました。しかも今回は何度も戻ってきている様子。4月初めには、くちばしに枯れ草などをくわえたアオガラが飛んでくるようになりました。これはどうやら巣作りを始めたらしいと、巣箱に近い窓は開けないように気をつけ、わくわくしながら毎日観察しました。4月下旬には産卵が始まったようで、今度は卵を温めているメスのもとにせっせとオスが餌を運んでいるらしき様子です。

熱心な野鳥愛好家の間では、巣箱の中にカメラを仕掛け、中の様子を観察して楽しむ人も多いのですが、我が家の巣箱は原始的なただの木箱。鳥の出入りを見ながらYouTubeに投稿されるウェブカム映像と比べて、「我が家の巣箱の中もこんな感じなのかな?」と想像するしかありません。

それが変わったのは5月18日。朝起きたら、先に起きていた夫が「巣箱から声が聞こえる」と教えてくれたのです。巣箱の下に立って耳を澄ませると、確かにヒナと思しきかすかな鳴き声がします。

アオガラは1日1個ずつ、合計10〜15個くらいの卵を生んでいくので、ヒナも順番に孵化していきます。中のヒナの数が増え、成長していくにつれて、最初は耳を澄ませないと聞こえなかったヒナの声も日に日に大きくなりました。親鳥が餌を加えてやってくると、一斉に声が上がってとても賑やかです。親鳥はまずフィーダーのてっぺんに止まって周囲の安全をチェックしてからネストボックスに入ります。巣箱の近くには、家の壁に寄せてベンチが置いてあります。朝にはよく日が当たるので、晴れて暖かい日はここで朝食を食べることも多いのですが、親鳥たちはベンチにじっと座って動かずに見ている人間のことはあまり気にならないようでした。

5月も終わり近くなると、ヒナたちの声はさらに大きくなり、窓を開けてあると家の中にいても聞こえるようになりました。さらには時々ひょっこりとヒナが頭を出すようになり、いよいよ巣立ちも間近なのだなという様子に。

 

そして5月31日には、ついにこんな動画を撮ることができました。

どうやらこの動画を撮った日の午後か今朝早くに巣立ちが無事完了したようで、月が変わった今朝は、巣箱はもぬけのからになっていました。今度はフィーダーに集まって元気な姿を見せてくれると良いのですが…。

来年はカメラをつけてみようかなあ。

アロットメント日記:イラクサで液肥を作る(2020年5月)

私がいちばん嫌いな雑草と言えば、なんと言ってもイラクサ。正確には日本のイラクサ(Urtica thunbergiana)の近縁種であるセイヨウイラクサ(Urtica dioica)で、英語ではnettleまたはstinging nettleと呼ばれています。葉や茎が刺毛に覆われていて触れるとものすごく痛みます。散歩や雑草取りの時に気が付かずに触ってしまって泣いたことは数知れず…。園芸用の手袋をしていても、薄いと生地を通して刺すので油断できません。

アロットメントの肥沃な土はイラクサの繁殖に理想的。放置されていた区画なのでかなりあちこちに群生しています。

しかしこのイラクサ、迷惑な雑草である一方で食用にもなる植物でもあります。もちろんそのまま食べたら大変なことになりますが、若い葉を茹でれば刺毛の毒が消え、栄養価の高い緑黄野菜として使うことができるのだそう。また、葉を乾燥させてハーブティーとしても利用されています。

有機ガーデニングでの利用法にはもうひとつ、液肥作りがあります。

手作り液肥の材料として最もよく使われているのはcomfrey (Symphytum officinale、コンフリー、ヒレハリソウ)という雑草で、私のアロットメントにはこれもたくさん生えています。その葉で作る液肥は栄養価が高く、必須栄養素である窒素・リン酸・カリウムのバランスも良いので、液肥を取るためにあえて育てている人も多いという雑草です。

こちらはコンフリー。

イラクサ液肥の栄養価はコンフリーほど高くはなく、また鉄分がかなり含まれるのでどんな植物にも使えるわけではないものの、手を焼く雑草ナンバーワンを有効活用できるというのは大きな魅力です。というわけで、区画がイラクサだらけの今年は、私もイラクサ液肥を作ってみることにしました。

作り方は、葉を集めて容器に入れ、水に漬けるだけ。革製の手袋でがっちり武装して生い茂った葉をざくざく刈り取り、25リットルサイズの大きなバケツに集めました。ひたひたに浸かるよう水を注いだら、葉が浮かないように石で重しをして蓋をします。葉が腐敗してかなり臭うので、他のアロットメント利用者の迷惑にならないよう蓋は必須。数週間待てば完成なので、先日植えた苗が大きくなって肥料が必要になる頃にはちょうど液肥ができているはずです。

さて、また葉が生い茂ってしまう前に、残った根の部分を全部掘りとってしまわなければ…。

世界初の気候ポジティブ ジンを飲んでみた

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)流行が急速に拡大したスコットランドでは、3月23日の夜にロックダウンの実施が発表されました。学校は閉鎖され、オフィスも原則閉鎖されて在宅勤務に移行。1日1回、1時間程度の運動以外は外出も禁止となりました。スーパーなどの食品店や薬局などを除いて全ての店舗が営業停止となりました。

こういう時は積極的に宅配を利用して地元のメーカーや商店を応援しなくてはというわけで、いろいろ注文してみたのですが、そのひとつがクラフトジン。英国ではここ数年クラフトジンが大ブームですが、スコットランドはクラフトジンのメッカで、ダンディーや周辺地域にもたくさんのクラフトジン蒸留所があります。

そのひとつがアービキー蒸留所。ダンディーから40キロほど北にあります。この蒸留所が、今年初めに環境関連の話題でニュースになっていました。

https://twitter.com/yunod/status/1230801897088593922

世界初の気候ポジティブ・ジンを開発した、という話題でした。商品名のNàdarはゲール語で自然という意味だそう。この話を聞いた時からぜひ飲んでみたいと思っていたので、ちょうど良いとオーダーしてみました。

https://twitter.com/yunod/status/1255064486937067523

Nàdarのカーボンフットプリントはボトル1本当たり-1.54 kg CO2eとマイナス値。製造過程での炭素吸収量が排出量を上回る、カーボンポジティブ製品です。これを実現した秘密は原料にあります。ジンは通常大麦、小麦などの穀類を主原料として作りますが、Nàdarの主原料は豆なのです。

植物が育つためには窒素が必要です。農業では窒素肥料を多量に使うことで収量を高めていますが、窒素肥料の原料である水素の生産に化石燃料が使われています。また、作物が吸収しきれなかった窒素が環境に放出されて、水質汚染や土壌の酸性化、オゾン層の破壊、地球温暖化といった環境問題を引き起こしています。

豆類は、他の作物と異なり根粒菌と共生する性質があります。豆の根に寄生した根粒菌が大気中の窒素を固定して宿主の根に送り込むため、豆類は窒素肥料を入れなくても育ちます。だから、豆を原料にしてジンを作ることで、肥料製造工程から出る炭素排出量が削減できるというわけです。アービキー蒸留所は農場の中にあり、原料を自家生産しています。太陽光発電も利用して炭素排出量を最小限に抑え、醸造かすは家畜の餌や肥料として再利用しています。

このジンを開発したのは、蒸留酒の世界では珍しい女性マスター・ディスティラー(Master Distiller)のカースティ・ブラックさん。アービキー蒸留所での仕事と並行して大学院で豆を使った環境に優しい蒸留酒製造方法を研究し、博士号を取得しています。Nàdarはこの研究の成果なのです。

環境のために良いのはわかったけど肝心の味は?というと、柑橘系の香りが強い個性豊かなジンで、我が家では大好評でした。

https://www.arbikie.com/nadar-gin

 

アロットメント日記:初種まき・植え付け(2020年4月)

ほとんど全体が雑草に覆われているアロットメントですが、中央に少しだけ雑草がなく土を耕した形跡の残っているところがあったので、それを広げる形で除草作業を開始しました。

スコットランドではCOVID-19対策でロックダウン中ですが、1日1回だけ30分〜1時間程度の運動を目的とした外出が許可されており、アロットメントでの作業も運動にカウントされることになっています。そのため毎日アロットメントに通い始めたものの、除草は1日1畝というスローペース。何しろ区画全体にシバムギの地下茎が縦横無尽に走っていて、切れ端を取り残すとまた発芽して増えてしまうので丁寧に取り除いていく必要があり、30分〜1時間程度ではなかなか進まないのです。

そういうわけで本格的に野菜づくりを始められるのは来年になりますが、少しでも何か収穫できるといいなと思い、ロックダウンが始まる前に買ってあった種と去年庭に蒔いた種の残りを、そうやって確保した小さな畑に蒔くことしました。

種を持参してアロットメントに行くと、その日は入口近くに野菜の苗がたくさん入ったトレイが並んでいました。

地元の植物園が無料で配布してくれたものだとのこと。ビーツとチャード、それにレタスが何種類かあります。今年はロックダウンのためガーデンセンターがすべて閉まっていて、みんな苗の確保に困っているのでこれはとてもありがたい。私も少しもらうことにしました。

早速もらった苗を植え、持っていった種をちょっとずつ蒔きました。種はケール、ほうれん草、ビーツ、スプリングオニオン(細ねぎ)。写真の白い布のようなものは寒冷紗で、庭で使っていたものの再利用。

一部、シバムギに混じってイチゴのようなものが混じっているエリアがあったので、それも畑に植えてみました。おそらく栽培種ではなく、放っておくと雑草のようにどんどん広がる野イチゴですが、実がついてから判断すればいいやということで…野イチゴの実も小さいけれど食べられるしね。

こちらはリンゴとグースベリーの花。

 

 

アロットメント再発進(2020年4月)

スタート早々トラブったアロットメント、別の区画をもらって再スタートしました。最初に見に来た時に「こちらも空いている」と見せてくれたあの区画です。他の人が一旦契約したものの、荒れすぎて手に負えないとキャンセルしたためまた空きになったという話で、ラッキーでした。広さは芝生の区画より広く、テニスのシングルスコートくらい。菜園の中央にあるので日当たりは良好です。

しかし2年間放置されていたそうで、雑草に覆われなかなかワイルドです。イラクサにギシギシ、イバラにシバムギと、駆除に手こずる強面ぞろい。今年はひたすら雑草退治に明け暮れる日々になりそう…。

昔の洗濯桶か何かを埋めた小さな池がありました。浅いのでここずっと続いている好天で干上がりかけています。家の庭に池を作った時のライナーがまだ余っているので、もっと大きさを広げて深い池に作り直すかも。

区画入り口脇の大きな桜?の木は枯れていますが、小さなリンゴの木発見。グースベリーもありました。大きなルバーブの株もひとつ。とりあえず収穫はできそうです。

アイリスやつるバラなど、食用でない植物も散見。よく見るとタイムなどハーブも雑草の中に埋もれていました。

庭日記:進捗状況(2020年4月)

3月末に夏時間に切り替わり、すっかり春らしくなってガーデニングシーズン到来!

コロナウィルス感染流行でロックダウン中なのでガーデンセンターには行けないし、楽しみにしていた来月のガーデニング・スコットランドもキャンセルされてしまいましたが、園芸やDIY関係のオンラインショッピングを受け付けているところはかなりあるので、庭造りプロジェクトは今も進行中です。

入居してからの経過報告として、2018年春と2020年春の写真を比較してみます。まだまだだけど、だいぶ庭らしくなってきたかな。

裏庭(家の東側の庭)

側庭(家の南側の庭)

前庭(家の西側の庭)

庭日記:壊れた板塀でプランター作り

今年2月は暴風雨が立て続けに来て、ダンディーでも強風が吹き荒れる日が続きました。おかげで隣家との境界にある古い板塀がついに吹き倒されてしまいしまた。じゃまになるので解体しておいたのですが、せっかくなので廃材を利用してプランターを作ることにしました。

かなり前からセイヨウヒイラギの生け垣の下の擁壁をつる性植物で覆えないかなあと考えていたのですが、擁壁はその後ろの地面よりかなり背が高く、地面も生け垣の根があるため、直接何かを植えるのは難しい場所です。そのため大きなプランターを置こうと計画していました。擁壁の裏側に置くプランターだから庭からは見えないので見た目はどうでもよし。擁壁上辺の高さに土を保持できればOKというだけのもの。だからどうせなら廃材で作ってしまおう思った次第です。

最初は底のないプランターの形にするつもりだったのですが、面倒なのでパネルを2枚だけ作り、コンクリートブロックを挟み込む形にすることにしました。長辺は廃材パネル、短辺は庭に転がっていたコンクリートブロック(以前のオーナーが擁壁を作った時の余りと思われる)。ばらばらにならないよう紐とワイヤーで全体を締めただけという手抜き工作です。下の地面に根を張らせたいので底は付けず、土が逃げないように池を作った時に余ったフェルトのアンダーレイを中に敷きました。材料費ゼロ。

中に入れた土は、池を掘った時の余りに自家製コンポストと自家製腐葉土を加えたものなので、これもタダ。中には斑入りのアイビーとヒメツルニチニチソウ(Vinca minor / periwinkle)を植えました。マルチとして腐葉土をかぶせて完成。アイビーは池のゲビオンウォールに植えてあったものですが、乾燥しすぎるようなのでこちらに移動しました。

擁壁から離れると、プランターは擁壁に隠れて見えません。アイビーもヒメツルニチニチソウも日陰に強い常緑植物で、放っていてもどんどん伸びるので、擁壁越えて覆ってくれるのはずと期待しています。

ちなみに暴風雨で吹っ飛んだ板塀の工事は、新型コロナウイルス感染流行によるロックダウンのため日程が決まらず、隣家との境界はネットを張っただけの状態です。早くロックダウンが解除されますように…。