スコットランド、生理用品無料提供を法制化

昨日スコットランド議会で、必要な人は誰でも無料の生理用品を入手できるようにするための法案が可決されました。

「生理の貧困(period poverty)」 という言葉があります。経済的な理由で生理用品が買えない状況のことを指し、ここ数年世界各国で注目を浴びるようになっています。2016年のカンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞したケン・ローチ監督の作品『わたしは、ダニエル・ブレイク 』を見た方は、食べるのにも困るほど困窮しているシングルマザーのケイティが生理用品を万引きする場面を覚えているでしょうか。

特に、低所得家庭の女子が生理用品を買えないため毎月学校を休まざるを得ず、勉強についていけなくなるという問題もクローズアップされるようになりました。そのためスコットランド政府では、数年前から全国の学校・大学で無料の生理用品を提供するという政策を導入していました。学校のトイレに入ると、手洗い場にナプキンやタンポンが置いてあり、自由に取ることができます。

また、生理の貧困撲滅運動が広がる中、自主的に無料の生理用品を備え付けるようになった施設や店舗も徐々に増えていました。我が家の近所でも、無料のナプキンやタンポンをトイレに備えているカフェやバーがいくつかあります。

   
(左)トイレの手洗い場に置いてあるナプキン
(右)教会ホールの男女共用トイレに置いてあったナプキンとタンポン。壁のポスターには「あなたと家族が必要なだけお取りください」と書いてあります。

しかし、その時々の政府方針や善意に依存するのではなく、「生理の貧困」撲滅を法制化する必要があるという認識から、野党労働党の女性議員が2019年4月に生理用品無料提供法案を提出しました。経済的に生理用品を買う余裕がない人でも生理用品を入手できるよう、教育機関や公共施設で無料の生理用品を提供することを地方自治体に義務付ける内容です。やっと今日最終投票に達したこの法案は、全会一致で可決されました。

学校で無料の生理用品を提供する制度は、スコットランドに続いてイングランドやアメリカの一部の州でも導入されていますが、「必要な人は誰でも」という形での法制化は世界初だそうです。

 

ダンディーにEバイクレンタルがやって来る

先月くらいから、ダンディーの町のあちこちにこんなものが出現しています。

見た感じでは、ロンドンにあるようなレンタサイクル駐輪場でしょうか。現首相ボリス・ジョンソンがロンドン市長だった頃に導入されたため「ボリスバイク」というニックネームで親しまれるようになったロンドンのレンタサイクルは、今ではダブルデッカーバスや地下鉄と同様すっかりロンドンのシンボルになった感があります。

でも、ロンドンの中心部は比較的平坦ですが、ダンディーは急坂の町。どうせならボリスバイク型のレンタサイクルではなく電動アシスト自転車のレンタルにしてくれないかなあと思っていたら…

なんと本当に電動アシスト自転車レンタルでした! ダンディーは電気自動車の充電インフラ整備に熱心な自治体ですが、今設置工事が進んでいる駐輪場は、レンタルEバイクの充電ステーションなのでした。

とはいえ、自転車が設置済みのステーションはまだないようです。ウェブサイトはできているもののまだシステムの準備中のようで、プレスリリースのリンクがあるだけ。

自転車とレンタルシステムを提供するRide Onは、スペインの会社のようです。
https://rideonglobal.com/en/services.html

とりあえず最新情報をチェックできるようメールを登録しました。オランダを離れてからすっかり自転車とはご無沙汰していますが、運用開始したらぜひ試してみたいと思っています。

世界初の気候ポジティブ ジンを飲んでみた

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)流行が急速に拡大したスコットランドでは、3月23日の夜にロックダウンの実施が発表されました。学校は閉鎖され、オフィスも原則閉鎖されて在宅勤務に移行。1日1回、1時間程度の運動以外は外出も禁止となりました。スーパーなどの食品店や薬局などを除いて全ての店舗が営業停止となりました。

こういう時は積極的に宅配を利用して地元のメーカーや商店を応援しなくてはというわけで、いろいろ注文してみたのですが、そのひとつがクラフトジン。英国ではここ数年クラフトジンが大ブームですが、スコットランドはクラフトジンのメッカで、ダンディーや周辺地域にもたくさんのクラフトジン蒸留所があります。

そのひとつがアービキー蒸留所。ダンディーから40キロほど北にあります。この蒸留所が、今年初めに環境関連の話題でニュースになっていました。

https://twitter.com/yunod/status/1230801897088593922

世界初の気候ポジティブ・ジンを開発した、という話題でした。商品名のNàdarはゲール語で自然という意味だそう。この話を聞いた時からぜひ飲んでみたいと思っていたので、ちょうど良いとオーダーしてみました。

https://twitter.com/yunod/status/1255064486937067523

Nàdarのカーボンフットプリントはボトル1本当たり-1.54 kg CO2eとマイナス値。製造過程での炭素吸収量が排出量を上回る、カーボンポジティブ製品です。これを実現した秘密は原料にあります。ジンは通常大麦、小麦などの穀類を主原料として作りますが、Nàdarの主原料は豆なのです。

植物が育つためには窒素が必要です。農業では窒素肥料を多量に使うことで収量を高めていますが、窒素肥料の原料である水素の生産に化石燃料が使われています。また、作物が吸収しきれなかった窒素が環境に放出されて、水質汚染や土壌の酸性化、オゾン層の破壊、地球温暖化といった環境問題を引き起こしています。

豆類は、他の作物と異なり根粒菌と共生する性質があります。豆の根に寄生した根粒菌が大気中の窒素を固定して宿主の根に送り込むため、豆類は窒素肥料を入れなくても育ちます。だから、豆を原料にしてジンを作ることで、肥料製造工程から出る炭素排出量が削減できるというわけです。アービキー蒸留所は農場の中にあり、原料を自家生産しています。太陽光発電も利用して炭素排出量を最小限に抑え、醸造かすは家畜の餌や肥料として再利用しています。

このジンを開発したのは、蒸留酒の世界では珍しい女性マスター・ディスティラー(Master Distiller)のカースティ・ブラックさん。アービキー蒸留所での仕事と並行して大学院で豆を使った環境に優しい蒸留酒製造方法を研究し、博士号を取得しています。Nàdarはこの研究の成果なのです。

環境のために良いのはわかったけど肝心の味は?というと、柑橘系の香りが強い個性豊かなジンで、我が家では大好評でした。

https://www.arbikie.com/nadar-gin

 

売れ残りのパンで作ったビール

Dough Boy by Law Brewing Co

 

夫が買い物中、こんなビールを見つけました。Law Brewing CoのDoughBoyという商品です。

Law Brewing Coは地元ダンディーのクラフトビールメーカーのひとつです。Lawは法律のことではなくダンディーの真ん中にある円錐型の丘の名前。スコットランド語でこういう形をした丘や小山をlawと呼ぶため、各地に”○○ Law”があり、ダンディーのものは本来”Dundee Law”という名前なのですが、地元民は単に”the Law”と呼んでいます。

ラベルを飾るDJの絵を見る限り名前はDub Boyに引っ掛けているのですが、なぜdough?と思ってよく見ると、下に小さく”bread beer”と書いてあります。そう言えばラベルに描かれているのもヘッドフォンではなくてパン…?

 

 

裏側のラベルを見ると、「リサイクリングと廃棄物削減を促進するため、Clark’s Bakeryの売れ残りパンを使って作りました」と書いてあります。パンは賞味期限が短い商品なので、毎日全国で大量の売れ残りが出て廃棄物となっています。それを再利用してしまおうという試みなのでした。そういえばClark’s Bakeryのパン工場はLaw Brewingの醸造所から歩いて約5分ほどの距離にあり、理想的なパートナーです。

英国の「パンで作ったビール」と言えば、元祖はロンドンで2015年に立ち上げられたToastです。ベルギーのBeer Projectが作ったBabyloneというビールに触発されたとのことで、ノースヨークシャーのクラフトビールメーカーWoldTop Breweryが醸造し、Toastのブランド名で販売されています。

サーキュラーエコノミーを推進するエレン・マッカーサー財団によると、英国で生産されるパンのなんと44%は廃棄されてしまっているのだそう。これを再利用できれば廃棄物削減には大きな

しかし、Toastは自社ブランドでビールを売るだけではなく、英国全国に売れ残りパンでビールを作る運動を広げたいと、パンを使って作るビールのレシピを公開。これを参考にして、あちこちのビールメーカーが売れ残りパンビールを作るようになっています。Law Breweryもそうした醸造所のひとつというわけでした。

小規模なクラフトビールメーカーだけではなく、大企業の参入も始まっています。例えば、小売大手のマークス&スペンサー( M&S)は2018年にUsed Our Loafという名前でパンのビールを販売(M&Sのパンを使っているそう。製造はAdnams社)しました。また、大手パンメーカーのWarburtonsは、Toastと提携して規格外で販売できないクランペットを原料にしたビールを発売しています。

 

マイカップ

ここ最近、カフェの使い捨てカップの問題が注目されています。英国ではプラスチックストローやマドラーの禁止が決まっており、次の標的が使い捨てカップ。

独立系のお店ではVegwareという堆肥化可能なカップで飲み物を提供しているところもありますがまだまだ少数派で、大手チェーンのカップは外側は紙製でも内側が防水コーティングされているため、リサイクルするためには特殊な設備が必要です。現実にはほとんどが一般ゴミとして廃棄されているため、英国では対策として使い捨てカップを有料にしようという動きが出ています。

私も使い捨てカップの飲み物を買うたびに気になっていたのでマイカップがほしいと思っていたのですが、問題はサイズ。いつもバッグがぎゅうぎゅう詰めなので、毎日使うわけでもない空のカップを常時携行するのはちょっと無理があります。

…と悩んでいたら、行きつけの博物館V&Aダンディーの売店で、悩みに答えてくれるカップを見つけました。シリコン製のカップ部分が蛇腹状になっていて畳むことができます。

カップ部分はふにゃふにゃしていますが、スリーブをはめるとへたらずに持ち歩くことができます。畳む時はスリーブを外しますが、畳んだ後にスリーブを蓋部分の内側にはめ込めるようになっているところが良くできています。畳んだ後の高さは約5cm。これならバッグの中に放り込んでもじゃまにならずどこにでも持っていけそうです。

Stojoはアメリカ生まれの商品で、日本でも購入できるようです。

スコットランドで自動運転バスの試運転

スコットランドで来年から始まる自動運転バス運行計画を前に、これに使用されるバスがグラスゴーで開催されているコネクテッド自動運転車 (CAV: Connected and Autonomous Vehicles)サミット会場でお披露目されました。

この試運転では駐車場の一角を仕切ってバスを走らせましたが、2020年末までに5台の自動運転車両を路線バスとして導入する計画とのこと。フォース湾にかかる道路橋を渡るルートで、エディンバラ空港に近いエディンバラ・パーク駅と、フォース湾を挟んだ対岸のパーク&ライド駐車場間を結びます。

フォース湾にかかる道路橋は現在2つあり、その片方。バス車線として使われていて一般車両は入らないので、実験的導入にはもってこいのルート。

自動運転車両とは言ってもかならずドライバーが乗車して、万一の時に手動で運転できるようにするとのことです。

幹線道路網を野草のお花畑網に

今年初めに、「蜂や蝶、甲虫類など多くの昆虫種が劇的に減少しており、数十年で絶滅する可能性がある」というニュースがありました。その原因のひとつが生息地の消滅。そのため英国では、英国に自生する野草が花を咲かせることができる草地を増やそうという運動が急速に広まっています。

ガーデニング番組でも、「芝生を刈る回数を大幅に減らして野草が咲き乱れるwildflower meadowに変えよう」というアドバイスがひんぱんに聞かれるようになりました。

そんな中で、こんなニュースが目に留まりました。

英国では道路の両側に芝生で覆われたスペースが空けてあることが多いのですが、その代わりに野の花畑にしようというキャンペーンです。道路沿いに長く続く自然の野草地は、昆虫や野生動物にとっても素晴らしい生息地になるはずで、さらに夏には定期的に刈る必要がある芝生と違って手入れの手間がほとんどかからず、コスト節約にもなるから一石二鳥というわけです。

BBCニュースでも詳しく紹介されていました。
https://www.bbc.co.uk/news/uk-england-48772448

キャンペーンのウェブサイトはこちら。
https://plantlife.love-wildflowers.org.uk/roadvergecampaign

 

プラスチックごみ削減の取り組み

2017年に放映されたBBCのドキュメンタリー「Blue Planet II」でプラスチック廃棄物による海洋汚染の現状に光が当たったことがきっかけで、英国では世論が一気に動き、使い捨てプラスチック削減の取り組みが急速に進んでいます。

スコットランドではすでにプラスチック製の綿棒の販売が禁止され、今年(2019年)末にはプラスチックストローが禁止されることになっています。英国政府も来年の禁止を決めており、カフェやバーではすでに紙製ストローへの切り替えが進んでいます。

また、スコットランドではペットボトルやガラスビンのデポジット制度の導入も決まっています。オランダではおなじみだったボトル回収用の逆自動販売機がお目見えする日も近いようです。

我が家ではScottish Wildlife Trustという野生動物保護団体に夫婦で入っているのですが、今日届いた会誌の包装が前回までとは変わっていました。今までは透明のビニール袋に入っていたのですが、今回の袋はビニールではない様子。

 

ジャガイモのデンプンを原料にして作られた、生分解性の包装に変わっていました。自治体の生ゴミ回収で指定されている堆肥化可能な袋と同じ素材のようです。「堆肥に入れることができます」と書いてあるので、生ゴミと一緒に我が家の堆肥容器に捨てました。

英国各地で”zero waste shop”と呼ばれる無包装・量り売りの食料品店が次々オープンしていますが、我が町ダンディーにも最近になって立て続けに3つ開店しました。

https://www.facebook.com/thelittlegreenlarder/

https://www.facebook.com/greenwaysdundee/

https://www.facebook.com/BirchwoodEmporium/

大手スーパーでもプラスチックトレーの撤廃に取り組むところが出てきていたり、今後数年でプラスチック廃棄物削減が大きく前進しそうな様子です。

庭日記:池(3) ゲビオン昆虫ホテル(2019年6月)

上の池を作った時点で池の縁の直線部には長い木の板(建設現場で使われる足場板です)を置いていました。

この部分は防水シートを埋め込むことができず剥き出しのままなので、シートが動いたり紫外線にあたって劣化するのを防ぐために仮置きしてあったのです。その時は、後で大きなプランターを置くつもりでした。

でも庭を掘ると大小とりどりの石がたくさん出てきて置き場に困っていたので、ふと、プランターの代わりにゲビオンウォール(gabion wall)を作れば両方の問題をまとめて解決できると思いつきました。

ゲビオンは目の荒いワイヤメッシュのパネルを組み合わせたかごで、中に石を詰めるだけでモルタルを使わずに頑丈な石垣を作ることができます。日本では角型じゃかご(蛇籠)、ふとんかご等と呼ばれているそうで、護岸工事や災害復旧現場で使われていますが、英国では近年これをガーデニングで利用することが増えています。パネルをコイル状のワイヤでつなぎ合わせて箱状にし、石を詰めて蓋をするだけで素人でも簡単に石壁を組むことができるのが魅力。美観重視なら中に入れる石も見栄えが良いものを買う必要がありますが、我が家の場合は庭で出てくる邪魔な石の有効活用が目的なので、買うのはかごだけと安上がりです。

さらに、石の間の隙間は虫の隠れ場所・冬越し場所としても役立ちます。世界的な昆虫の激減がニュースになっている近年、英国では庭に「昆虫ホテル(bug hotel)」を置くことが奨励されています。市販のかわいいホテルもたくさんありますが、モルタルを使わず石だけで組んだ石垣は昆虫ホテルとしても機能するので一石二鳥です。


作業途中。かなり目の荒いメッシュなので、大きめの石を外側に入れ、小さい石は中の詰め物として使います。石の他に木の枝(生け垣を選定した時に出たもの)や割れた屋根瓦なども入れています。


プランターを使う計画だった時には、ツタを植えて擁壁を覆うように這わせたいと思っていたので、ゲビオンウォールにもツタを植えることにしました。鉢ではなく実験的に紙袋に植えて、大きくなったら根が袋から出て石組みの間にも伸びていくといいなと期待しています。うまくいかないようならかごの蓋を開けて取り出してやり直せばいいやという気楽さもゲビオンの長所。


完成したゲビオンウォール兼昆虫ホテル。詰め物が雑多で不揃いなので見た目は美しくありませんが、虫には使いやすいはず。同じく庭から出てきた自然石で縁取りされた上の池の景観に溶け込んで、まあ良しとしましょう。

スコティッシュパワー社、発電事業の脱炭素化を達成

2018年10月16日、英国の大手電力会社スコティッシュパワー社は、発電事業の100%グリーンエネルギー転換を達成したと発表しました。

英国では1990年にそれまで国有だった電力事業が民営化され、電力市場が始まりました。発電・送電・配電(小売)がそれぞれ民間企業として地域ごとに分割され、1社が全国の送電を担い、発電と小売は元国有企業に加えて新規事業者が市場に参入する一方、合併・買収による統合も進み、欧州資本も入ってきました。また、並行して進められたガス市場の自由化により、電気・ガスの両方を供給する統合エネルギー企業が大半となっています。大小合わせて50を超える企業がひしめく小売市場では、全国どこに住んでいても自由に供給会社を選択できる仕組みで、供給会社を変えるのも簡単です。とはいえ、市場シェアの大部分は、1990年の民営化で誕生した企業をルーツに持つ6社(通称Big Six)の寡占となっています。

スコティッシュパワー社はこのビッグ6のひとつ。名前からわかる通りスコットランド南半分を担当していた国有配電事業者が民営化されて生まれた企業で、現在はスペインのイベルドローラ・グループの傘下にあり、英国のエネルギー小売市場第4位。また、スコットランドにいくつもの発電施設を所有しています。

スコティッシュパワーはスコットランド自治政府の意欲的な脱炭素政策を受けて、これまで順次発電のグリーン化を進めていました。大規模なウィンドファームを建設する一方で、2016年には石炭火力発電所を閉鎖、そして今回ガス火力発電所をまとめて売却し、発電を水力・風力のみに集約して、100%再生可能電力への転換を達成したわけです。

小規模事業者の中には以前から再生可能電力100%を売りにしている企業はありましたが、今回初めてビッグ6企業が脱炭素化を達成したということで注目を浴びています。

また2018年11月5日には、交通・輸送の脱炭素化を促進するサービスとして、再エネ発電で供給された電気で電気自動車(EV)を充電する、家庭用「再エネEV充電パッケージ」の販売も開始しました。