スコティッシュパワー社、発電事業の脱炭素化を達成

2018年10月16日、英国の大手電力会社スコティッシュパワー社は、発電事業の100%グリーンエネルギー転換を達成したと発表しました。

英国では1990年にそれまで国有だった電力事業が民営化され、電力市場が始まりました。発電・送電・配電(小売)がそれぞれ民間企業として地域ごとに分割され、1社が全国の送電を担い、発電と小売は元国有企業に加えて新規事業者が市場に参入する一方、合併・買収による統合も進み、欧州資本も入ってきました。また、並行して進められたガス市場の自由化により、電気・ガスの両方を供給する統合エネルギー企業が大半となっています。大小合わせて50を超える企業がひしめく小売市場では、全国どこに住んでいても自由に供給会社を選択できる仕組みで、供給会社を変えるのも簡単です。とはいえ、市場シェアの大部分は、1990年の民営化で誕生した企業をルーツに持つ6社(通称Big Six)の寡占となっています。

スコティッシュパワー社はこのビッグ6のひとつ。名前からわかる通りスコットランド南半分を担当していた国有配電事業者が民営化されて生まれた企業で、現在はスペインのイベルドローラ・グループの傘下にあり、英国のエネルギー小売市場第4位。また、スコットランドにいくつもの発電施設を所有しています。

スコティッシュパワーはスコットランド自治政府の意欲的な脱炭素政策を受けて、これまで順次発電のグリーン化を進めていました。大規模なウィンドファームを建設する一方で、2016年には石炭火力発電所を閉鎖、そして今回ガス火力発電所をまとめて売却し、発電を水力・風力のみに集約して、100%再生可能電力への転換を達成したわけです。

小規模事業者の中には以前から再生可能電力100%を売りにしている企業はありましたが、今回初めてビッグ6企業が脱炭素化を達成したということで注目を浴びています。

また2018年11月5日には、交通・輸送の脱炭素化を促進するサービスとして、再エネ発電で供給された電気で電気自動車(EV)を充電する、家庭用「再エネEV充電パッケージ」の販売も開始しました。

“Perfectly Imperfect”

日本では冬がイチゴの季節ですが、英国ではイチゴと言えば夏の果物。特にウィンブルドンの全英オープンテニスの風物詩となっています。輸入物は年中いつでも売っていますが、国産品が出回る6~8月には、スーパーマーケットでも青果売り場の大きなスペースを割いて並べています。

我が家は近くにテスコという英国最大手のスーパーがあるので、いつもそこで買い物をしていますが、テスコのイチゴの棚にはこんな商品が置かれています。

 

“Perfectly Imperfect”シリーズとして販売されており、名前の通り規格外のイチゴを詰めたパック。中に入っているのは、通常販売されているものより小さかったり、逆にやたらと大きかったり、形のいびつなイチゴ。通常のパックよりちょっと低めの価格設定です。

英国のスーパーマーケットでは昨年から、通常なら選別の際にはじかれてしまって流通に乗らない、形がいびつな野菜やサイズが規格に満たない果物などを、このように商品として出す取り組みを始めるところが出てきました。食べられないわけではないのに捨てられてしまう食品ロス・食品廃棄物の問題への対応です。最初に手を付けたのはアスダというスーパーマーケットチェーンで、規格外の野菜をいろいろ詰め合わせたボックスの販売を開始しました。名前は”Wonky Veg Box”で、ずばり「いびつな野菜ボックス」という意味です。

日本ではフードロスに対する取り組みというと、消費期限切れの食品の廃棄という問題に関するものが中心のようですが、スーパーの棚に並ぶことなく捨てられる食品を販売ルートに乗せる取り組みも、今後もっと広がることを期待したいです。

土用丑の日に、ウナギについて考える

今年の土用丑の日は7月30日だそうですね。その日はウナギの蒲焼きを食べようと楽しみにしている方も多いと思いますが、その前にちょっと考えてほしいことがあります。

今から1年半ほど前の2014年11月にこんなニュースがあったのですが、ご記憶でしょうか。

この記事の見出しではクロマグロに注目していますが、記事本文を読むとわかるように、レッドリストを編纂する国際自然保護連合(IUCN)がいくつかの種を新たに絶滅危惧種に指定したという記事で、そのひとつとしてアメリカウナギが「絶滅危惧種1B類」に指定されたとあり、「ニホンウナギと同じで、危険度では2番目に該当する」と説明があります。ニホンウナギがレッドリストに追加されたのは同じく2014年の6月でした。

天然ウナギの価格が跳ね上がって庶民の食卓からはほど遠い存在になってしまったのもその頃からではないかと思いますが、絶滅の危険があるほど数が減っているなら仕方ない、養殖ウナギで我慢しようと考えている方、ちょっと待ってください。

ウナギはサケなどと違い、商業ベースで完全養殖する技術が確立されていません。完全養殖とは、卵から孵化させた仔魚を成魚まで育て、産卵・受精させるというサイクルをすべて人工環境で行う養殖のことで、天然の魚の漁獲量に影響されません。しかし、現在販売されている養殖ウナギは、天然のウナギの稚魚(シラスウナギ)を捕獲して成魚に育て上げるという手法で生産されています。

問題は、その稚魚が絶滅の危機にさらされていて、漁獲量が年々減っているという点。ニホンウナギの稚魚で養殖需要をまかなうのは難しいというので、代わりにウナギが広く使用されていました。

ではヨーロッパウナギはまだ豊富にいるのかというと、とんでもありません。ヨーロッパウナギの状況はニホンウナギ以上に深刻で、2008年に絶滅危惧IA類という最も危険なレベルに指定されており、2009年にはワシントン条約による国際取引規制の対象になっています。というわけで、入手が難しくなったヨーロッパウナギに代わって使われるようになったのがアメリカウナギで、その結果アメリカウナギもレッドリスト入りしてしまったというわけです。

国際取引されているウナギの7割は日本で消費されていると言われています。アメリカウナギも入手しにくくなったら今度は別の種に…と次々と標的を変えるうちに、日本人が地球上のあらゆるウナギを食べ尽くしてしまうという可能性もあるのです。

日本ではそのためかなり以前からウナギ完全養殖の研究が進められていて、2010年には「完全養殖に成功!」というニュースも流れています。それなのになぜ完全養殖ウナギが食卓にのらないのか?こちらのリンク記事に詳しい説明がありますが、要するにウナギの成長に長い時間がかかることと、成魚まで育て上げるのが技術的にも大変で、コストが非常に高いということ。今のところ完全養殖ウナギは天然ウナギ以上に希少で高価な存在なのです。

完全養殖ウナギが大量生産できるようになるまで、どのくらいの時間がかかるのか?これは今のところわかっていません。

こんな状況であるにもかかわらず、(天然シラスウナギを使った)養殖ウナギは簡単かつ安価に買うことができます。その大きな理由は、漁獲制限があるはずのシラスウナギが大量に密輸されていること。需要がある限りこれはなかなか阻止できません。

「そうは言っても土用丑の日のウナギは伝統だし毎年の楽しみ」という気持ちももっともです。でも、ウナギは1年に一度だけのご馳走にしておきませんか?土用丑の日の伝統をこれからも長く残すために。

参考リンク:

https://twitter.com/dantyutei/status/751976299229437953

 

ポケモンGOとリアルなバトル

世界で熱い話題になっているポケモンGOが、いよいよ日本でも今日から配信開始になったそうですね。Pokemon-Go_logo

ここ英国では1週間前にリリースされましたが、外に出ると早速スマホとにらめっこしながらポケモンを探し歩いている人達を見かけます。

我が家の周辺で出没しているポケモンハンターは中学生の男の子から20代前半くらいと思しき男性が多いですが、今日は小学生くらいの子がスマホを持った大人の女性(お母さんにしては年齢が離れている風貌だったので、おばあちゃんでしょうか?)と一緒に歩きながら遊び方の説明をしていました。テレビの政治番組では、党内クーデターで政治生命をかけたバトル中のコービン労働党党首(67歳)が、BBCの政治記者(36歳)の指導でポケモンをキャッチする姿が紹介されていました。

夏休みが始まった英国はここのところ夏日和。ふだんなら家にこもってゲームに興じる子ども(や大人)たちを野外に誘い出すゲームというのは良い着想だと思います。ファミコンやゲームボーイで世界を席巻し、子どもの健康問題の元凶と名指しで非難されることも多かった任天堂。Wiiにも言えることですが、そのあたりを気にして名誉挽回を図ろうとしているのでしょうか。

一方、ポケモンの分布がランダムなために、安全面の懸念もあるようです。英国配信開始の時には、トロント市のこんなツイートがさかんにリツイートされていました。

実際、車の運転中にポケモンを探していてパトカーに衝突したという事件もあったそうで、笑っている場合ではありません。また、ポケモンのいるところで待ち構えていた人に強盗されたという物騒なニュースもありました。

 

しかし、ポケモン関連の国際ニュースでいちばん悲しかったのはこのふたつ。

ボスニアでポケモンGOに興じるプレイヤーに対し、「地雷原には入らないように」という呼びかけがあったという記事です。

1990年代のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争では、無数の地雷が使われました。ばらまくのは簡単でも撤去には大変な労力がかかるのが地雷。1995年に戦いが終結してから20年以上が経った今も、ボスニア国内には立入禁止エリアがたくさんあり、戦後の地雷による死者数は約600人、負傷者は1,100人を超えると、この記事は伝えています。

 

一方、今も紛争が続くシリアからは、こんなニュースがありました。

ポケモンGOを使ってシリアの子どもたちの窮状を訴えるキャンペーンです。

BrewGooder: ビールを飲んで水を贈ろう

今朝、小包が届きました。

何も注文した覚えはないのになんだろうと首をかしげながら開けてみたら、出てきたのがこれ。

20160721_144943

そういえば、春先に目にとまった「ソーシャルバイトの設立者が今度はチャリティ支援ビールのプロジェクトを始動、現在クラウドファンディングで資金集めを開始」というニュース記事を見て、面白い着想だと感心して10ポンド出資していたのでした。すっかり忘れていたのですが、出資者特典として完成したビールが送られてくることになっていたのです。

このチャリティビール・BrewGooderのスローガンは”Drink Beer, Give Water”(ビールを飲んで水を贈ろう)。

ビールを売って得た利益の100%を、世界の貧困地域で安全な飲み水へのアクセス整備活動を行っているチャリティに寄付することを目的にした、非営利の社会企業なのです。そういえば、前述の記事の日付は2016年3月22日。世界水の日でした。

国連によると世界の40%の人が水不足の影響を受けており、地球温暖化の影響で今後さらに悪化することが予想されています。そのため、国連の持続可能な開発目標(SDGs)では、目標6を「安全な水とトイレをみんなに:すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する」としています。

BrewGooderのビールは、その名も”Clean Water Lager”。ピルスナータイプの爽やかで飲みやすいビールです。製造元はスコットランドのパンクなクラフトビールメーカー、BrewDog(ブリュードッグ)。日本にも輸出していてクラフトビール専門店等で買える他、六本木(日本のサルサの聖地?サルサ・カリベのすぐ近く)にバーを出店しており、日本にもファンのいるメーカーです。英国各地のBrewDog店舗では、BrewGooderをドラフトで提供しているとのこと。今後取扱い店も徐々に増えていくと思いますので、もし見かけたらぜひ飲んでみてください。