スコットランドで自動運転バスの試運転

スコットランドで来年から始まる自動運転バス運行計画を前に、これに使用されるバスがグラスゴーで開催されているコネクテッド自動運転車 (CAV: Connected and Autonomous Vehicles)サミット会場でお披露目されました。

この試運転では駐車場の一角を仕切ってバスを走らせましたが、2020年末までに5台の自動運転車両を路線バスとして導入する計画とのこと。フォース湾にかかる道路橋を渡るルートで、エディンバラ空港に近いエディンバラ・パーク駅と、フォース湾を挟んだ対岸のパーク&ライド駐車場間を結びます。

フォース湾にかかる道路橋は現在2つあり、その片方。バス車線として使われていて一般車両は入らないので、実験的導入にはもってこいのルート。

自動運転車両とは言ってもかならずドライバーが乗車して、万一の時に手動で運転できるようにするとのことです。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.