アロットメント取得!

数日前、メールをチェックしたら自治体からのメールが入っていました。開けたらこんな内容。

I refer to your application for a garden allotment and am pleased to advise you that one has become available.

If you wish to tenant this plot, please contact the above number for further details.

Garden allotmentとは市民菜園のこと。ダンディーに引っ越してすぐに申し込みました。英国ではアロットメントの人気が高く、空きが出るまで5-6年待たされることも珍しくありません。私もその覚悟で順番待ちリストに登録してあったのですが、2年半にして空きが出たとの連絡が来たのです。

すぐに賃貸料を払って見に行ったのですが、この区画だとのこと。

 前にこの区画を借りていた人は、どうやら菜園ではなく庭として使っていたようで、野菜を育てていた様子は全くなく、灌木や球根が植えられた花壇が芝生を囲んでいました。区画全体も生け垣で囲まれています。あまり広くない区画なのに物置小屋が2つもあって、そのうちひとつはアームチェアやコーヒーテーブルを置いて居間のように使っていたようでした。いちばん奥にある区画で、目の前は線路なので人通りはありません。2つの小屋は他の区画に背を向けるように並んでいるので、他の区画の人の目も届かないプライベートな庭という印象です。菜園のルールには「区画の半分以上は食用の作物を育てるのに使用すること」と書いてあるのですが、あまり厳しく取り締まっていないようですね(笑)。

我が家の場合は庭はすでにあるので、まず芝生をはがして野菜を育てるスペースを作るところから始めることになりそうです。小屋も2つは要らないから、片方は家に移して代わりに温室を置きたいなあと思ったり。

ただ、アロットメントの空き区画は通常、菜園の面倒を見ることができなくなった人が手放すことで生じるもの。だからずっと放置されてぼうぼうに荒れていることが多いのに、ここは芝生も短く刈り込んであるし、雑草もまったく生えていないようだし、物置小屋の中にはきれいに使われている庭道具一式がぎっしり詰まったまま。そこで「これ、本当に空き区画なの?」という疑惑が生じてきました…(汗)。

というわけで、自治体の担当の人が念のため手違いがなかったか確認してくれることになっています。

その人の話によると、今年はなぜか3つの区画が一気に空いたので、もしこれが間違いでこの区画にまだ人がいたのだとしても、他に空いてる区画をくれるから大丈夫だよ、とのこと。(ほっ)

で、そちらも見せてくれたのですが…。


こちらはまさに典型的な「菜園の面倒を見ることができなくなった人が手放した、放置されてぼうぼうに荒れている」区画でした。芝生の区画より広く見えますが、小屋の有無の差なのかな?こちらの場合はまず雑草退治からのスタートになりますね…。

マイカップ

ここ最近、カフェの使い捨てカップの問題が注目されています。英国ではプラスチックストローやマドラーの禁止が決まっており、次の標的が使い捨てカップ。

独立系のお店ではVegwareという堆肥化可能なカップで飲み物を提供しているところもありますがまだまだ少数派で、大手チェーンのカップは外側は紙製でも内側が防水コーティングされているため、リサイクルするためには特殊な設備が必要です。現実にはほとんどが一般ゴミとして廃棄されているため、英国では対策として使い捨てカップを有料にしようという動きが出ています。

私も使い捨てカップの飲み物を買うたびに気になっていたのでマイカップがほしいと思っていたのですが、問題はサイズ。いつもバッグがぎゅうぎゅう詰めなので、毎日使うわけでもない空のカップを常時携行するのはちょっと無理があります。

…と悩んでいたら、行きつけの博物館V&Aダンディーの売店で、悩みに答えてくれるカップを見つけました。シリコン製のカップ部分が蛇腹状になっていて畳むことができます。

カップ部分はふにゃふにゃしていますが、スリーブをはめるとへたらずに持ち歩くことができます。畳む時はスリーブを外しますが、畳んだ後にスリーブを蓋部分の内側にはめ込めるようになっているところが良くできています。畳んだ後の高さは約5cm。これならバッグの中に放り込んでもじゃまにならずどこにでも持っていけそうです。

Stojoはアメリカ生まれの商品で、日本でも購入できるようです。

庭日記:池(4) 池の1年(2019年11月)

2つの池を作ってからの1年を振り返ってみました。

3月

春先に水生植物を投入。

たくさん買ったつもりでも、2つの池に分けて入れるとスカスカです(泣)。専用の貧栄養土を使い、鉢植えにして池に沈めます。鉢と言っても、水が通る必要があるのでプラスチックのカゴ状の容器と不織布製の袋状のもの。入れた直後は植えた土が浮いてきて水がにごってしまいますが、放置しておくと徐々に沈殿して澄んできます。
 
左:上の池 右:下の池

4月

毎日ぐんぐん日が長くなっていく季節。池の透明度はずいぶん上がりましたが、今度は水が緑色になってきて藻が発生しました。
 

日本語でアオミドロ、英語ではblanket weedと呼ばれる藻類で、引き上げてみるとヌルヌルした感じが緑色のとろろ昆布のようです。

放置するとどんどん増えてしまうので、せっせとすくい上げていきます。堆肥の原料として活用できますが、虫などの生き物が絡まって上がってくることも多いので、逃げるチャンスを与えるため、一晩池の縁に置いてから堆肥容器に入れます。

6月

前年秋と今年春に植えた植物がだんだん育ってきたのに加え、ガーデニングフェスティバルで買った植物も追加して、だいぶ賑やかになってきました。
 

↓こちらは上の池の直線部分に追加したゲビオンウォール兼昆虫ホテルと、池の水に酸素を供給する目的で入れたソーラーファウンテン。水面に浮く円盤状のソーラーパネルの下に小さなポンプがついていて、日が当たると噴水が動作します。日差しの強さに従って噴水の勢いが変わります。

7月

植物が元気に育ち、花が咲いたものもあります。植物の生育に従って水中の栄養分が減り、アオミドロも発生しにくくなります。浅瀬の部分には毎日いろいろな野鳥が水飲み・水浴びにやってきます。近づくと逃げてしまうので写真を取れないのが残念。

水中の生き物も増えてきました。こちらは小さな巻き貝。たぶん植物に紛れてやって来たのでしょう。昆虫の幼生らしきものもいます。

9月

春先に撮ったスカスカの写真と比べると、植物が成長して水面積を覆う比率がずいぶん上がっています。英国に自生する植物が中心ですが、斑入りのセリなど非自生種もいくつか入れています。水面下の水草もよく育っています。

11月

急に寒くなって、池にも氷が張りました。
 

スコットランドで自動運転バスの試運転

スコットランドで来年から始まる自動運転バス運行計画を前に、これに使用されるバスがグラスゴーで開催されているコネクテッド自動運転車 (CAV: Connected and Autonomous Vehicles)サミット会場でお披露目されました。

この試運転では駐車場の一角を仕切ってバスを走らせましたが、2020年末までに5台の自動運転車両を路線バスとして導入する計画とのこと。フォース湾にかかる道路橋を渡るルートで、エディンバラ空港に近いエディンバラ・パーク駅と、フォース湾を挟んだ対岸のパーク&ライド駐車場間を結びます。

フォース湾にかかる道路橋は現在2つあり、その片方。バス車線として使われていて一般車両は入らないので、実験的導入にはもってこいのルート。

自動運転車両とは言ってもかならずドライバーが乗車して、万一の時に手動で運転できるようにするとのことです。

庭日記:庭を掘る(2019年8〜9月)

庭造りを始めるにあたって、庭のほぼ全体を覆っていた砂利を全部集めて1ヶ所に山積みにしていたのですが、ついにこれを全部処分して新しい花壇作りに取り掛かることにしました。最初は業者に頼んで持っていってもらおうと思っていたのですが、引き受けてくれる業者が見つからず、仕方なくDIYでやることに…。

廃棄物回収用のコンテナは自治体から借りました。イギリス英語でskipと呼ばれているもので、造園や改築など大きな廃棄物がたくさん出る時にまとめて捨てるのに使うものです。民間業者から借りる場合は必要に応じてサイズを選べるのですが、自治体で貸しているのは”8 cubic yard skip”と呼ばれる標準サイズ(高さ1.22 m、長さ3.66 m、幅1.68 m)のみ。4日間のレンタル期間が終わると自治体のゴミ処理場に運ばれます。せっかくなので物置にしまいこんであった大型ゴミも放り込んで、その上にひたすら砂利を積み上げます。

スキップを借りた時は「標準サイズのスキップだと大きすぎるのでは?」と思ったのですが、どうやら量を少なく見積もりすぎていたようで、作業が完了する頃にはほぼ満杯。重量制限に引っかかるのではないかと心配しましたが、無事回収されていきました。


作業開始直後とほぼ終了時

全部片付けてすっきりした地面を花壇にするため掘り始めました。うちの庭はどこを掘ってもそうなのですが、とにかく石が多くて、大小ざくざくと出てきます。写真は半分くらい掘り終わった時点で取り除いた石の山。花壇の部分は今のところ雑草が生えるのを防ぐため、不織布のマルチシートで覆ってあります。全体を掘り終わったら堆肥や腐葉土を入れて、香りの良い花の咲く灌木類を植える予定です。

 

庭日記:ユリ(2019年7〜8月)

ユリが好きなので、今年は春に3種類の球根をそれぞれ3個ずつ買って、大きな鉢にまとめて寄せ植えにしました。花期がそれぞれ異なり、7月にRegale、8月初めにGran Tourismo、8月下旬にExtravaganzaと順番に咲いていきました。どれも香りが良く、家に切って飾ったら、特に夕方になると香りが強まって家中に漂います。ブログでは香りをお届けできないのが残念。

Regale
Gran Tourismo
Extravaganza

 

庭日記:コンパニオン・プランティング

有機ガーデニングでは、殺虫剤を使わずに虫の被害を防ぐ方法のひとつとして、コンパニオン・プランティングが奨励されています。

コンパニオン・プランティングとは、守りたい植物の近くに虫除け効果のある植物を混植すること。

虫の嫌う匂いがある植物を植えて虫が近づくのを防いだり、逆に虫が好む植物をおとりとして植え、メインの植物に来る可能性を減らしたりと、いくつかのパターンがありますが、昔から定番の組み合わせというものがあるようです。

今年はつるが伸びない矮性のサヤインゲンを少し蒔いてみたのですが、その種子を買ったサイトでは豆類のコンパニオンとしてナスタチウムを勧めていたので、一緒に買って蒔きました。

が、

ナスタチウムの方が矮性のサヤインゲンより大きくなることに気づかなかったのはうかつでした。すくすく育ったナスタチウムの影に隠れてサヤインゲンの苗が見えない…。


↑ かきわけて探したところ。赤い花がサヤインゲン、黄色い花に赤い斑が入っているのがナスタチウム。

サヤインゲンに日光が届くよう、ナスタチウムを時々刈り込んでいるのですが、どんどん伸びる伸びる。

ナスタチウムは花や葉を食べられるので、剪定のついでに収穫してサラダに入れています。ちょっとぴりっとした辛味が独特。

 

庭日記:スイートピーの季節(2019年7月)

春に種をまいたスイートピーが咲き始めました。

庭で咲かせたままにしておくとすぐに結実して、それ以上あまり花が咲かなくなってしまうので、咲いたらどんどん切って家中に飾り、香りを楽しんでいます。

幹線道路網を野草のお花畑網に

今年初めに、「蜂や蝶、甲虫類など多くの昆虫種が劇的に減少しており、数十年で絶滅する可能性がある」というニュースがありました。その原因のひとつが生息地の消滅。そのため英国では、英国に自生する野草が花を咲かせることができる草地を増やそうという運動が急速に広まっています。

ガーデニング番組でも、「芝生を刈る回数を大幅に減らして野草が咲き乱れるwildflower meadowに変えよう」というアドバイスがひんぱんに聞かれるようになりました。

そんな中で、こんなニュースが目に留まりました。

英国では道路の両側に芝生で覆われたスペースが空けてあることが多いのですが、その代わりに野の花畑にしようというキャンペーンです。道路沿いに長く続く自然の野草地は、昆虫や野生動物にとっても素晴らしい生息地になるはずで、さらに夏には定期的に刈る必要がある芝生と違って手入れの手間がほとんどかからず、コスト節約にもなるから一石二鳥というわけです。

BBCニュースでも詳しく紹介されていました。
https://www.bbc.co.uk/news/uk-england-48772448

キャンペーンのウェブサイトはこちら。
https://plantlife.love-wildflowers.org.uk/roadvergecampaign

 

プラスチックごみ削減の取り組み

2017年に放映されたBBCのドキュメンタリー「Blue Planet II」でプラスチック廃棄物による海洋汚染の現状に光が当たったことがきっかけで、英国では世論が一気に動き、使い捨てプラスチック削減の取り組みが急速に進んでいます。

スコットランドではすでにプラスチック製の綿棒の販売が禁止され、今年(2019年)末にはプラスチックストローが禁止されることになっています。英国政府も来年の禁止を決めており、カフェやバーではすでに紙製ストローへの切り替えが進んでいます。

また、スコットランドではペットボトルやガラスビンのデポジット制度の導入も決まっています。オランダではおなじみだったボトル回収用の逆自動販売機がお目見えする日も近いようです。

我が家ではScottish Wildlife Trustという野生動物保護団体に夫婦で入っているのですが、今日届いた会誌の包装が前回までとは変わっていました。今までは透明のビニール袋に入っていたのですが、今回の袋はビニールではない様子。

 

ジャガイモのデンプンを原料にして作られた、生分解性の包装に変わっていました。自治体の生ゴミ回収で指定されている堆肥化可能な袋と同じ素材のようです。「堆肥に入れることができます」と書いてあるので、生ゴミと一緒に我が家の堆肥容器に捨てました。

英国各地で”zero waste shop”と呼ばれる無包装・量り売りの食料品店が次々オープンしていますが、我が町ダンディーにも最近になって立て続けに3つ開店しました。

https://www.facebook.com/thelittlegreenlarder/

https://www.facebook.com/greenwaysdundee/

https://www.facebook.com/BirchwoodEmporium/

大手スーパーでもプラスチックトレーの撤廃に取り組むところが出てきていたり、今後数年でプラスチック廃棄物削減が大きく前進しそうな様子です。